ローラーとバイオリン

ローラーとバイオリン1


1960年、ソ連映画。アンドレイ・タルコフスキー監督。
映画大学監督科卒業制作の短編(45分)。このような作品が公開され、またDVD化されたのも、タルコフスキーの作品であることと、完成度も高いことからであろう。確かに彼の原点であり、後の作品で見られる幻想的なもの、光と水のイメージがこの作品でもよく表現されている。

ローラーとバイオリン2


ヴァイオリンを習う少年サーシャ(イーゴリ・フォムチェンコ)は近所の子供たちに「音楽家」とからかわれ、いじめられたりしている。ローラーを運転するセルゲイ(ウラジーミル・サマンスキー)が味方になってくれ、仲良くなり、心の支えとなる、という物語。

ストーリーは単純であるが、イーゴリ・フォムチェンコはかわいらしく、笑顔が印象的である。 特筆すべきは、タルコフスキーは、アルベール・ラモリスの「赤い風船」に影響されたという。少年を生き生きと描くこと、そして色彩美の追求である。ローラーの色をはじめ、紙ばさみ、リンゴや服などさりげなく赤を使い、ほどよいアクセントになっている。

短い時間で凝縮されているからこそ、忘れられない作品となっているのであろう。



 

未知空間の恐怖 光る眼

光る眼1


1960年、英映画。ウォルフ・リラ監督。

78分と短く、低予算で作られた映画でありながら、見所の多いSF作品である。テンポも緊張感もほど良い。

イギリスのミドウィッチという村で、白昼、人も動物も皆眠りに陥るという怪奇現象が起きる。数時間後目を覚ますが、それまでは外部の人は村に立ち入ることはできなかった。

光る眼2

女性は妊娠していることがわかり、やがて子供が同じ時に次々生まれる。主人公のセラヴィ夫妻(ジョージ・サンダース、バーバラ・シェリー)にも男の子が生まれ、デイヴィッドと名付けられる。

子供たちは成長が早く、知能も高いことがわかる。彼らは同じ髪、似たような顔つきで、目が鋭い。人の心を透視する能力をもち、彼らに敵意のある人は、輝く目に操られて死に至らされる。村人はますます恐怖心を抱き、彼らは隔離されることに。

光る眼3


セラヴィ博士は時限爆弾で自分も道連れに子供たちを抹殺する計画を立てる。時限爆弾の入ったカバンを持ち込む時に、心を見抜かれないようにと、彼は常にレンガの壁を思ってガードする。

子供たちがその壁の向こうにある本心を見抜こうと少しずつレンガを崩していくところが面白い。壁の向こうにようやく見えたのは、まさにセットされた時刻になろうとしていた時計であった。

デイヴィッド役はマーティン・スティーヴン、他の子供たちと同様に、不気味な存在を表してした。彼は1948年生まれで、この作品の後に「回転」(1962)「湖愁」(1965)に出ている。


この作品は1995年米、ジョン・カーペンター監督でリメイクされ、副題なしの「光る眼」のタイトルで公開された。このリメイク版については「見る時間と金の無駄」とか「何ら前作を超えるものはない」などと評されていたが、そうなると余計に、見て確かめてみたくなるのも人情だ。

光る眼4リメイク版「光る眼」1995年

時間を長くした分冗漫であるし、子供たちもよりロボット化したように見え、不気味さを通り越している。目の輝きもCGが発達した分の効果はあるが、ただそれだけである。デイヴィッド役はトーマス・デッカーが演じていた。



 

Hand in Hand

Hand in Hand1


1960年、イギリス映画。フィリップ・リーコック監督。

題は「手に手を取って」という意味の珠玉の作品で小さな恋の物語である。白黒の画面が美しい。

冒頭、びしょ濡れで駆ける少年マイク(フィリップ・ニーズ)、教会の神父のところに行き、「レイチェルを死なせてしまった」と泣きながら言う。ここから二人の学校での出会い、仲良くなってからのいきさつが描かれる。

レイチェル(ロレッタ・パリー)は歌が上手で、ソロのすばらしい演奏を聞かせてくれる。マイクはペットの白ネズミをポケットに入れており、二人を近づけたのもそのネズミだ。二人は夢を語り合い、マイクはアフリカに行くこと、レイチェルはロンドンに行って女王様に会いたいと思っている。

想像の妹のミランダ・アンのこともいつも思っている。二人はテレビで見たのをまねて、血の契りを交わす。ロンドンに行こうと、二人はヒッチハイクをするが、止まってくれた車にはフェアバンクに住む、皇族の一人のレディ・キャロライン(シビル・ソーンダイク)が乗っていて、邸宅に招いてくれる。

二人の間に事実がわかる。マイクの家はカトリック教、レイチェルの家はユダヤ教であるということ。子供であるがゆえに、宗教のことは断片的なことしかわからない。マイクは土曜日にユダヤ教会堂の礼拝に、そしてレイチェルは日曜日のキリスト教会での礼拝に行く。それぞれ互いに異文化の体験であったが、二人の絆は変わらない。

二人は川へゴムボート遊びに行くが、「危険」の標識を見て、レイチェルは立ち上がったときに木にぶつかり川に落ちる。マイクはすぐ川に入り、助けるが意識を失っていた。近くの農家に助けを求めに行く。そしていてもたってもいられず、神父の所に行ったのだ。

事情を聞いた神父は、マイクに「マタイ福音書」の一節(第19章14節)を語る。二人でレイチェルの家に行くと、ユダヤ教のラビが来ていて「レイチェルは大丈夫だ」と言い、そして神父もラビもほぼ同時に「神のお陰で」と言う。レイチェルが無事だと安心したマイクは、二人が同じ言葉を話したことで、すべてがふっきれたように家路についた。

Hand in Hand2

二人の主人公はとにかくかわいらしく、心を癒される。マイク役のフィリップ・ニーズは1950年生まれ。また友人役のトムにデニス・ギルモア(右写真の右側、1949年生まれ)、彼は後にディズニー映画「青きドナウ」「首のない馬」に出演した。



 

わんぱく戦争

わんぱく戦争1


1961年、仏映画。イヴ・ロベール監督
「ボタン戦争」という原題であるが、原作はルイ・ベルゴー。

隣り合う二つの村の子供たちのたわいもない遊びのような争いも、彼らには戦争であった。

敵につかまっては、ボタンを全部取られ、ズボンのつりひもから、靴ひもまで切られるありさま。そこで考え出した戦法が、全員素っ裸で戦うこと、こうすると取られるものは何もないから。


わんぱく戦争1

こうした単純なストーリーであるが、天真爛漫なプチ・ジュビス(この映画の役名をそのまま芸名として使っているが、本名はアントワーヌ・ラルチーグ)をはじめ素人のわんぱくな子供たち多数出演。

戦いが済んで、親により寄宿舎に入れられる子供。となりのベッドには敵の子が。「お前もか!」と抱き合い、最後の言葉がふるっている。

「大人になれば、どうせバカになるんさ!」 自然の森、小川、そこで子供たちのバカバカしくも生き生きと動き回るさまは、今や失われたものであり、大人や社会への皮肉も込められている。何ともほほえましい作品であった。

この翌年にロベール監督は、続編ともいうべき「わんぱく旋風」を作っている。




 

回転

回転1


1961年、イギリス映画。ジャック・クレイトン監督。

ヘンリー・ジェームズの「ねじの回転」の映画化。脚本の一人に小説家トルーマン・カポーティの名が。

郊外の邸宅に家庭教師としてギデンズ(デボラ・カー)がやって来る。見るからにお嬢様のフローラ(パメラ・フランクリン)と会う。寄宿学校に行っている兄のマイルズ(マーティン・スティーヴンス)が帰って来る。

退学だと聞き、ギデンズは不安な気持ちになるが、会うとお坊ちゃんであり、学校からの「他の生徒への害」とか「不道徳」といった報告が信じられない。その後、ギデンズは塔の上や窓の外に男の姿を、池の中の水草の上や家の中で女の姿を見る。これは妄想なのか?夜もうなされたりする。

その二人は、すでに死んでいる従者のクイントと、前の家庭教師のジェッセルで、二人が忌まわしき関係だったことを家政婦のグロースが打ち明ける。マイルズはクイントを父のように慕っていたし、フローラもジェッセルが大好きだったという。

子供たちは亡霊にあやつられており、危険が迫っている。何とか救いたいとギデンズは思うが、子供たちはだんだんと不気味になっていく。グロースとフローラをおじのもとに行かせ、屋敷に残ったギデンズとマイルズ。マイルズは完全にクイントにあやつられて殺気迫ったようになり、そして悲劇の結末が…。

回転2

白黒画面が雰囲気を盛り上げていた。マイルズ役のマーティン・スティーヴンスは1949年生まれ、フローラ役のパメラ・フランクリンは1950年生まれで、二人とも好演していた。原題は「The Innocents」で、無垢、純真という意味であるが、子供たちばかりでなくギデンズも含んでいるのだろう。

「ねじの回転」は独特の雰囲気があり、ブリテンによるオペラは魅力的だ。また、この前日談を映画化したのが「妖精たちの森」(1971)である。



 

僕の村は戦場だった

僕の村は戦場だった1


1962年、ソ連映画、アンドレイ・タルコフスキー。
白黒画面、美しい映像美に満ちた少年映画の傑作。

少年斥候イワンを描いたもので、決して愛国少年の武勇伝といったものではなく、ドイツ軍に両親と妹を奪われて、憎悪に満ちての行動をとった少年の物語である。一途な彼の行動は、敵の陣地を偵察するために、寒い季節でも河を渡るくらいは平気で行う。

僕の村は戦場だった2


イワン役は、コーリャ・ブルリャーエフ、少年俳優として屈指の人材である。 結局、終戦となり、ドイツ軍のソ連捕虜の記録カードの中にイワン少年のが見つかるのだ。

戦争は誰にも暗い影を落とす。それが子供にはさらに悲劇性を増す。冒頭の森を駆け抜けるイワン、ラストの浜辺で妹を追って走り続けるロングショットが印象的であとた。

戦争がなかったら、あるいはイワンの村に戦争が訪れなかったら、子供たちはこうして平和に楽しく過ごしていただろうというメッセージとなっている。




 

青きドナウ

青きドナウ1


1962年、アメリカ映画。スティーヴ・プレヴィン監督。

ウィーン少年合唱団の出演するディズニー映画の傑作。ウィーン少年合唱団の映画は、西ドイツの「野ばら」「ほがらかに鐘は鳴る」があった(番外編4参照)。

この作品では二人の少年を中心に、合唱団のアウガルテンでの生活やレッスの様子、オーディションから正式団員になるまで、演奏活動や野外活動など、数々の名曲とともに十分楽しめる作品となっている。そして、団員にとって最大の危機である声変わりを描いていることも特筆すべきことだ。

トニー(ヴィンセント・ウィンター)は父の運転する列車の到着をウィーン西駅で待っていて、その列車にツァーから戻ったウィーン少年合唱団のメンバーと出会い興味を示す。歌が好きなトニーはオーディションを受け、二人の枠にフリーデル(デニス・ギルモア)とともに合格する。

父は最初はしぶったが、学業成績が悪いと退団させるということで認めた。入団して先輩のピーター(ショーン・スカーリー)が世話をしてくれる。ある日ヘラー先生(ピーター・ウェック)からシューベルトも団員だったことを聞いていて、ピーターと「菩提樹」を歌う。その時ピーターはアルトを歌わされて少しムッとする。

また子供たちの入院する病院訪問でソロを奪われたことにも嫉妬して準備部屋から出られなくする。しかし、トニーは告げ口したりせずに、二人は友情を築く。ピーターが歌い方を教えてくれ、晴れのソロを披露した曲は、アイブラーの“Omnes de Saba venient”で、めったに聴くことのできない輝かしくすばらしいグラドゥアーレ(昇階唱)である。

そして、次のツァーの予定が発表され、オペレッタ公演を迎える。その直前にピーターの声変わりが始まっていた。皆は考えて、ピーターは口パクで、舞台袖で他の団員が代わりに歌うが、途中でバレる。何とかピーターもツァーで一緒に行かせたいという団員の熱意で、ピーターを副指揮者として同行させ、ラストはピーターの指揮で「美しく青きドナウ」を歌う。

ドラマ構成が良いだけでなく、音楽の扱いもすばらしい。当時の合唱団指揮者のヘルムート・フロシャウアーの手腕が見事である。日本ではイギリス公開時の題“Born to Sing”が原題となっていた。

青きドナウ2左)フリーデルとトニー   中)トニーとピーター

ショーン・スカーリー、ヴィンセント・ウィンター(いずれも1947年生まれだが、後者は1998年に亡くなったようだ)、そしてデニス・ギルモア(1949年生まれ)は当時のディズニー映画の少年スターであった。なおトニーの歌声の吹き替えは、フェルディナント・シルハーネックであるとのこと(熱心なウィーン少年合唱団のファンのブログより)。



 

サミー南へ行く

サミー南へ行く1


1963年、英映画。アレクサンダー・マッケンドリック監督。
W・H・キャナウェイの原作の映画化。少年の冒険を描いた映画は多く作られてきたが、これはアフリカを縦断する少年の物語。

エジプトのポートサイドに住む少年サミー(ファーガス・マクリーランド)はスエズ運河をめぐってイギリスとエジプトの間で危険な空気が漂っていたときに、両親を爆撃で失う。

両親はサミーを叔母のところへ疎開させようとしていたが、サミーはその叔母の住む南アフリカのダーバンを目指し8千キロの旅に出る。

サミー南へ行く2


当然のことながら道中いろいろな経験をして、最後はハッピーエンドで終わる、と簡単に言うとこうであるが、映画を見ている間はハラハラドキドキの連続で画面に釘付けになっていたことを思い出す。

親切な人の世話になるが、乗った列車が北に向かっていることに気付きあわてて逃げたりする。倒れていたところを救ってくれたシリア人は途中事故で亡くなる。

サミー南へ行く3


コッキー老人との出会いや、原住民とのふれあいもある。猛獣も出てくる。ファーガス・マクリーランドは見るからにおぼっちゃまであるが、サバイバルの旅を続けるたくましい少年を好演していた。

この作品は1964年 7月10日に日比谷スカラ座でロードショー公開された。東京オリンピックのちょうど3か月前である。その時の広告を見ると、お子様250円、学生330円、一般380円、指定席700円とある。「ALWAYS三丁目の夕日'64」の当時の世相の一端がわかる。

1963年イギリス王室選定映画で、日本でも多くの団体から推薦を受けた。




 

キムドン

キムドン1


1963年、ベトナム映画。ノン・イックダット監督、ブー・ファム・トゥ監督。

生まれて初めて見たアジア映画、しかも北ベトナムのハノイ・プロダクション作品。公開当時見逃していたら、一生見られなかった作品である。舞台はフランス支配下の1943年の北ベトナム。解放戦争の犠牲となって死んでいった実在の少年キムドンの短い生涯を描いたもの。

キムドン2


北部山岳地帯では、ベトミンの地下組織が活動し、救国少年団のキムドンはその組織のために働いていた。キムドン役はレー・タン・フォン。ベトナムの美しい田園地帯。森や川、水田、水牛のいる風景をみずみずしい映像でカメラはとらえている。

子供たちの遊びや日常生活も描かれている。美しい環境の中で、紛争がなければ子供たちは家の手伝いをしながらこうして毎日を生き生きと過ごしていただろう。


キムドンは組織のために食料を届けたり、人を案内したりしていた。保安隊につかまったこともあるが、何とか逃げ出した。幹部のいる家へ保安隊がやって来るが、キムドンは彼らの注意をそらし、誘き寄せ、そして撃ち殺される。何とも痛々しい終わり方であった。

キムドン3


この映画は1964年のアジア・アフリカ映画祭で最高賞のバンドン賞と第二賞のルムンバ賞を合わせて受賞した。日本では1965年、日本ベトナム友好協会と兵庫県貿易協同組合の提供、共同映画の配給で公開され、多くの団体から推薦を受けた。

東京丸ノ内のカジバシ座で公開された時は、20日間で37,000人を動員して大ヒットし、その後全国で公開された。この未知の国からの秀作は話題をよんだ。

パンフレットの中で、映画評論家の岩崎昶氏は、「今日のベトナムにおけるアメリカの運命をすでに、当時において予言している。アメリカの母親に見せたい。」と述べている。ベトナム戦争はその後かなり時間が経ってから終結するが、果たしてその通りになった。



 

続・光る眼 宇宙空間の恐怖

続・光る眼1 クライヴ・パウエル


1963年、イギリス映画。アントン・リーダー監督。

「続」とついているが、前作の「未知空間の恐怖 光る眼」の続編ではなく、アイデアだけを借用した全く別な作品である。ともすると前作と比較されて、前作には劣るといった低い評価や誤解もある。しかし、これはこれで面白く、見る価値がある。

並はずれた知能をもつ子供6人が世界中(英、米、ソ連、中国、インド、ナイジェリア)から研究のためにロンドンに集められる。それぞれの大使館は彼らの知能を国家のために役立てようとするが、子供たちは廃墟となった教会に逃げ込む。

前作同様、彼らの目が光ると相手を意のままに操ることができる。子供たちのリーダー格はイギリス人のポール(クライヴ・パウエル)である。

途中いろいろなエピソードの描き方のテンポがのろく、あきるところもあるが、最後に向かって緊張感は高まる。最後の20分間近くは、軍隊が教会を破壊して子供たちを抹殺しようとして緊張感で満たされる。トム大佐は子供たちにチャンスを与えようとし、ポールは自分たちは人類を救うために存在していることを主張するが、その時にちょっとした過ちから銃撃が始まる。

続・光る眼2

このラストは皮肉であり衝撃的であるが、映画としては見事な結末である。それまでの淡々とした流れやイライラ感も見事帳消しになるくらい衝撃があった。




▼ノースエンド先生の部屋トップへ戻る


inserted by FC2 system